すっぽん小町 葉酸サプリ 併用

すっぽん小町と葉酸サプリの併用について調べてみました!

今回はすっぽん小町と
葉酸サプリメントの併用についてご紹介。

 

妊娠時って葉酸を多く摂取した方が良いって言うけど、
葉酸サプリを摂取しながらの
すっぽん小町の併用には問題はないのでしょうか?
詳しくまとめてみました!

 

【なぜ妊娠時に葉酸が必要なの?】

非妊娠時の葉酸摂取量は240ugとなり、
妊娠時における葉酸の必要摂取量は、
以下の通りです。

 

妊娠初期→640ug
妊娠中期→440ug
妊娠後期→440ug

 

妊娠初期は非妊娠時よりも
プラス400ugもの葉酸量が必要なんですね。

 

数字で言われてもちょっとピンと来ないのですが、
これを食材等で補おうとすると、
ちょっと一苦労。

 

そのために葉酸アプリが推奨されているわけです。
妊娠中に葉酸を摂取することが
勧められている理由としては、以下の通りです。

 

@ 胎児の「先天性障害」や「奇形」などを防ぐ

妊娠中に葉酸が不足することで
胎児に影響が出ることがあります。

 

例えば葉酸不足が招く胎児への影響として
「先天性障害」や「奇形」などがあげられ、
特に胎児の身体の基礎が出来上がっていく
妊娠初期に摂取しておくことで、
初期に起こる細胞分裂が正常に行われ、
障害を防ぐことに効果があると言われています。

 

A 母体のエネルギー不足や産後の体力回復に!

葉酸には血液を増やす働きがあります。

 

妊娠中、女性の体内の血液量は
非妊娠時に比べると1.5倍も増え、
優先的に胎児へと送られます。

 

そのため妊婦さんは貧血やめまいなどの
症状を起こしやすいのです。

 

葉酸を摂取することで貧血などを防ぎ、
健康的な母体作りのサポートをしてくれます。

 

また、産後の体力回復にも葉酸は効果的です。

 

お産は大変体力や精神を使いますから、
妊娠時からこまめに葉酸が摂取出来ていると安心できますよ。

 

【すっぽん小町と葉酸サプリの併用は?】

さて、そんな妊娠時に必要な成分である葉酸ですが、
他にも妊娠時に必要な成分として
「コラーゲン」や「アミノ酸」などがあげられます。

 

妊娠するとホルモンバランスが崩れることで肌荒れが起きたり、
お産に向けて関節が緩んだり筋肉が痛んだりします。

 

それらのトラブルを防いでくれるのが、
コラーゲンやアミノ酸さっぷりの「すっぽん小町」。

 

すっぽん小町と葉酸サプリを同時に摂取できると、
妊娠時トラブルに非常に重宝しますよね。

 

そこで調べてみたところ、すっぽん小町と
葉酸サプリの併用は問題がなく、
むしろどちらも妊娠時に必要な成分の入った
サプリメントであるとされているため、
併用して飲用する方も少なくありません。

 

食事だけでは補いにくいコラーゲンやアミノ酸、葉酸だからこそ、
サプリメントを利用して上手に体内に吸収していきましょう!

 

お得な割引で始められるのはここ!

<公式サイトはこちら