すっぽん小町 妊娠中

妊娠中にとってはいけない成分は?すっぽん小町は安全?

今回は、妊娠中に摂取するべきではない成分や、
逆に摂取すると良い成分、
サプリメントを飲むうえでの注意点などをご紹介!

 

一体どんなものに気をつけて
マタニティライフを送ると良いのでしょうか?

 

さっそく見ていきましょう!

 

【過剰摂取に気をつけて上手に摂取したい成分】

@ ビタミンA

ビタミンAは妊婦さんの免疫力を
上げてくれる大切な成分の一つ。

 

そのため、妊娠時に摂取したい成分の
一つではあるのですが、過剰摂取に注意してください。

 

ビタミンAの過剰摂取は胎児に悪影響を
及ぼす危険性があり、奇形の原因にも
なってしまうからです。

 

ただし、ビタミンAには種類があり、
1つ目が植物性由来の「ベータカロチン」、
2つ目が動物性由来である「レチノール」。
胎児に悪影響があるビタミンAは
「レチノール」の方ですので、
毎日「豚肉」、「レバー」などの食べ過ぎなどが
ない限りは、過剰に気にする必要はないと言えます。

 

A ビタミンK

ビタミンKについては、
過剰摂取すると胎児に黄疸が
現れる可能性がありますので、
あくまでも目安量などを守って摂取するようにしましょう。

 

適度な摂取は骨粗しょう症などに効果的ですよ。

 

B ビタミンD

過剰摂取により、
下痢などお腹が緩くなってしまったり、
腎機能に障害を起こす危険性があります。

 

C カフェイン

カフェインは不眠など、
中枢神経を興奮させてしまう成分なので、
妊娠中の過剰摂取は厳禁です。

 

カフェイン=コーヒーと連想されがちですが、
緑茶やウーロン茶、ほうじ茶やコーラなど、
様々な飲料に含まれていますので、
摂取量には注意しましょう。

 

【それぞれの成分の妊娠時における摂取量目安について】

●ビタミンA   2700ug
●ビタミンD   7.0〜100ug
●ビタミンK   150ug
●カフェイン   150〜200mg
  (コーヒー1日1杯〜2杯程度)

 

【サプリメント活用で身体を健康に保とう!】

逆に、妊娠中に積極的に
摂取したいビタミンや成分などもあります。
例えば、以下の成分たち。

 

・コラーゲン
・葉酸
・アミノ酸
・ビタミンB群
・ビタミンC

 

これらの成分は食事だけでは補えきれなかったり、
妊娠中の体重管理で食事制限などをしていると、
どうしても栄養成分だけを摂取するのは難しいところ。

 

そんな時に重宝するのがサプリメントです。

 

これらの成分が効率よく摂取できる成分が、
「すっぽん小町サプリメント」。

 

すっぽん小町はすっぽんから抽出できる成分として、
コラーゲンやアミノ酸、ビタミンB群などが
豊富に配合されています。

 

また、妊婦さんでも安心して飲むことの出来る
サプリメントです。

 

また、妊娠中の肌荒れや関節痛などにも効果的なので、
妊婦さんからも人気の高いサプリメント!

 

手軽に美容や健康などに効果的で、
なおかつカロリーなどを気にせずに栄養成分を
摂取したい方などなど、
是非一度、すっぽん小町を試してはいかがでしょうか?

 

一番お得な方法で始めるなら!

<公式サイトはこちら